抱っこ紐がヒット商品になった理由

今でこそ当たり前のように使われている抱っこ紐がヒット商品となったのは、次のような理由があると考えられます。

 

従来、赤ちゃんはおんぶ紐で背中にくくられていました。しかしながらおんぶ紐のデメリットとして、まず、体のラインが目立ってしまうというものがあります。紐が体に食い込んで、母親のボディラインが強調されてしまい、自宅以外での使用がためらわれます。次に、おんぶだと赤ちゃんの様子がすぐに確認できません。鏡を見るか、他人に確認してもらわないといけないのです。
以上の2点について、抱っこ紐であれば、赤ちゃんを隠れ蓑にして体のラインを隠すこともできますし、赤ちゃんが抱っこ紐の中でどのような状態であるかをすぐに確認することができます。

 

また、最近は、前向き用の抱っこ紐も登場し、赤ちゃんの視界が広くなることで、赤ちゃんがご機嫌で抱っこされることができます。
以上の理由から、赤ちゃん用抱っこ紐がヒット商品になったと考えられます。