両親が経営している会社があります

PR|高崎で相続放棄に関する解決|

私の両親は会社を経営しています。父が社長で母が専務をしています。私は今、父の知り合いの会社で事務員をしています。でもそろそろ辞めようと思っています。それは思い通りにできないからです。

いちいち先輩がうるさいのです。いつも上司の嫌味を聞かされています。こんな毎日が嫌になってきたのです。

でも両親の会社に入社したら、そんな事もありません。できる事なら、そのほうが私には楽だと思ってます。でも甘えてしまいそうで怖い気もしています。

いくら両親が経営する会社と言っても、親子だからとか関係ないと思います。私は一社員としてしっかりと働かないといけないのです。そんな自信もありません。

それでも他人の会社で働くよりも、ずっといいと思うのです。そして私は一人っ子なので、いずれ両親の会社を継がないといけない時がくるでしょう。もちろん自信はないですが、勉強はしていかないといけないと思うのです。

だから早くはないので、これから両親の会社に入社しようと思います。

興味がある仕事をしたいです

PR|相続放棄のお手続き方法|

私はずっと思っていました。子供の時から雑貨に興味があったので、できる事なら雑貨関係の仕事をしたいのです。でも自分の考えで仕事をしたいので、就職はしません。自分の会社を経営しようと思ったのです。全部自分の思い通りにできます。好きな事が、仕事になるのです。そんな素敵な事はありません。

私は自分で海外に行って、好きなものだけを私の会社で売りたいと思ったのです。経営者になったら、それが簡単にできるのです。とても素晴らしい事です。

経営の事はまだまだ初心者です。でもこれから少しずつ覚えていけばいいのです。幸い私の身近には、賢い人たちがいます。みんなに手伝ってもらって、頑張っていけばいいんじゃないかなと思えるようになったのです。

ずっと好きな仕事をしていたいので、自分の会社を作るつもりにもなったのです。まさかこの私が経営者になるなんて、想像もしていませんでした。でも今の私ならできるかもしれません。そんな自信が出てきたのです。

会社経営では数字に強いことが重要です

PR|群馬で遺産相続を相談するなら|

会社経営と言うのを感覚的に行っている経営者も少なくありません。

小さな会社の場合、会計に関してもどんぶり勘定だったりすることもあります。

そもそも経営者が会計上の数字がよくわからないというケースもあります。

これは良いことではありません。

経営者は客観的な数字を重視することが重要だからです。

もちろん、感覚的な判断が必要なケースも多々ありますが、それも十分に数字を理解した上での判断でないと取り返しのつかない致命的なミスを起こしてしまうことになりかねません。

少なくとも、貸借対照表や損益計算書ぐらいはしっかりと理解できるようでないと経営者は務まりません。

意外にこれが出来ていない経営者がいますので、今からでも遅くはないので、会計の知識は持っておくようにしましょう。

少し大きな本屋に行けば、初心者向けの会計の本はたくさん並んでいます。

そうしたものから、わかりやすそうなものを選んで2、3冊読めば知識を得ることができるはずです。

いつかきっと会社を経営したいです

PR|相続トラブル解決いたします|

ずっと考えていました。いつでもいいのです。いつかきっと、私の会社を経営したいと思ってます。それは私の思いでもあり、両親の思いでもあるのです。

両親は昔会社を経営していました。でも経営悪化で、倒産させてしまったのです。その事をずっと両親は後悔していました。特に父は、その後飲んだくれて見ていられませんでした。今でこそ、やっと立ち直ってきましたが昔はひどかったです。

だからその父のためにも、母のためにも私は会社の経営をしたいのです。そして両親と一緒に働ける日を期待しているのです。今父は知り合いの会社を手伝っています。母は、近所のスーパーでパートをしています。ばらばらの状態なのです。だから私は今お金を貯めています。そして経営の勉強もしています。

なんとか近い将来、家族経営ができるようなそんな会社を作りたいと思っているのです。難しい事です。わかってはいるのです。でもこのまま両親を後悔させたままでは嫌なのです。何とか頑張って作ってみせたいです。