遺産相続は生前に済ませておかないと荒れます

遺産相続は生前に済ませておかないと大変なことになります、しかも財産が多ければそれだけひどいことにもなりかねません。

また財産でもプラスになるものが多ければ良い方ですが逆にマイナスとなる借金も財産なので遺産相続で引き受けてしまうと辛いものになることでしょう。

このようなことがないように生きている間にしっかりと整理した置かないとならないと思います、特に伴侶や子供達のためには少しでも多く遺してあげたいと思うのは誰しも思うことです、でもしっかりと対策をしておかないとトラブルの原因ともなってしまうので今からでも整理したほうが良いでしょう。

借金になった遺産相続は返って恨みを買うものですし死んでも恨み言しか言われないのは避けたいと思うものではないでしょうか。

そのようになった時でも破棄をするようなものを遺しておいて自分の負債を背負わせないような心構えが大切だと思います。

残せるような物がある人は良いですがたくさん残していけるように対策をするべきですね。

行方不明者がいる場合の遺産分割協議の進め方

遺産相続人が複数いて、長年連絡が取れていない行方不明者がいる場合、その人を無視して遺産分割協議をして成立させたとしても、その遺産分割協議は認められず無効となります。

では、相続人に行方不明者がいる場合、どのように遺産分割協議を進めれば良いのでしょうか?

可能な限り行方不明の相続人を捜すことはもちろんですが、どうしても見つからない場合は「不在者財産管理人の選任」または「失踪宣告」という2つの対応方法があります。

不在者財産管理人とは、行方不明者が所有する財産を行方不明者に代わって管理する人のことで、家庭裁判所に選任の申立てをします。

不在者財産管理人は財産の管理・保存するだけ%

相続対策をするのに早すぎることはない

平成27年より相続税が実質増税されました。

相続税はある程度以上の相続財産がなければ、もともと支払う必要がない税金であることには間違いありませんが、平成27年の税法改正によって免税ラインが大幅に引き下げるられることになったのでわかるように法律の改正によって今までは相続税は不要だった人も法律の改正で相続税が必要になることも十分に考えられます。自分には相続税対策は必要でないと決めつけることはしてはいけないのです。被相続人がなくなってからでは、相続税対策をすることはほとんどできませんので、早めに相続税対策をすることが必要なのです。

早ければ早いほど相続税対策はいろいろな方法が取れますから、節税にもなりますし、いざという時に相続税のことで慌てることもなくなります。まずは、しっかりと相続財産がどのくらいであるのかを把握したうえで、相続税がかかる可能性があるならばなるべく早いうちに相続税対策を始めるべきです。