経営コンサルタントにマーケティングは

マーケティングの必要性が高くなっていますが、それも含めて経営コンサルタントにお願いする、ということはある意味ではとても正しい方向性であると言えます。とにかく殆どの業種業態は成熟期に突入しているといっても過言ではなく、商品に対するマーケティングのアプローチも今では自社でやるというのは相当に難しいことになります。極端に言ってしまうと人が何を求めているのか、そしてどんな宣伝をするべきなのか、と言うことも含めて、コンサルタントなどに頼る側面が現代の企業ではとても増えているといっても過言ではないでしょう。

 

しかし、問題となるのはコンサルタントと言うのはマーケティング後のデータの分析などをしてもらうという形になります。そのための交渉とか或いは経営戦略を、ということになります。このデータを活かし、どこにアプローチをすればよいのか、と言うことから検討するときにコンサルタントはかなりお勧めできる業種になりますから利用する価値はあります。