「未分類」カテゴリーアーカイブ

遺産相続は生前に済ませておかないと荒れます

遺産相続は生前に済ませておかないと大変なことになります、しかも財産が多ければそれだけひどいことにもなりかねません。

また財産でもプラスになるものが多ければ良い方ですが逆にマイナスとなる借金も財産なので遺産相続で引き受けてしまうと辛いものになることでしょう。

このようなことがないように生きている間にしっかりと整理した置かないとならないと思います、特に伴侶や子供達のためには少しでも多く遺してあげたいと思うのは誰しも思うことです、でもしっかりと対策をしておかないとトラブルの原因ともなってしまうので今からでも整理したほうが良いでしょう。

借金になった遺産相続は返って恨みを買うものですし死んでも恨み言しか言われないのは避けたいと思うものではないでしょうか。

そのようになった時でも破棄をするようなものを遺しておいて自分の負債を背負わせないような心構えが大切だと思います。

残せるような物がある人は良いですがたくさん残していけるように対策をするべきですね。

行方不明者がいる場合の遺産分割協議の進め方

遺産相続人が複数いて、長年連絡が取れていない行方不明者がいる場合、その人を無視して遺産分割協議をして成立させたとしても、その遺産分割協議は認められず無効となります。

では、相続人に行方不明者がいる場合、どのように遺産分割協議を進めれば良いのでしょうか?

可能な限り行方不明の相続人を捜すことはもちろんですが、どうしても見つからない場合は「不在者財産管理人の選任」または「失踪宣告」という2つの対応方法があります。

不在者財産管理人とは、行方不明者が所有する財産を行方不明者に代わって管理する人のことで、家庭裁判所に選任の申立てをします。

不在者財産管理人は財産の管理・保存するだけ%

相続対策をするのに早すぎることはない

平成27年より相続税が実質増税されました。

相続税はある程度以上の相続財産がなければ、もともと支払う必要がない税金であることには間違いありませんが、平成27年の税法改正によって免税ラインが大幅に引き下げるられることになったのでわかるように法律の改正によって今までは相続税は不要だった人も法律の改正で相続税が必要になることも十分に考えられます。自分には相続税対策は必要でないと決めつけることはしてはいけないのです。被相続人がなくなってからでは、相続税対策をすることはほとんどできませんので、早めに相続税対策をすることが必要なのです。

早ければ早いほど相続税対策はいろいろな方法が取れますから、節税にもなりますし、いざという時に相続税のことで慌てることもなくなります。まずは、しっかりと相続財産がどのくらいであるのかを把握したうえで、相続税がかかる可能性があるならばなるべく早いうちに相続税対策を始めるべきです。

両親が経営している会社があります

PR|高崎で相続放棄に関する解決|

私の両親は会社を経営しています。父が社長で母が専務をしています。私は今、父の知り合いの会社で事務員をしています。でもそろそろ辞めようと思っています。それは思い通りにできないからです。

いちいち先輩がうるさいのです。いつも上司の嫌味を聞かされています。こんな毎日が嫌になってきたのです。

でも両親の会社に入社したら、そんな事もありません。できる事なら、そのほうが私には楽だと思ってます。でも甘えてしまいそうで怖い気もしています。

いくら両親が経営する会社と言っても、親子だからとか関係ないと思います。私は一社員としてしっかりと働かないといけないのです。そんな自信もありません。

それでも他人の会社で働くよりも、ずっといいと思うのです。そして私は一人っ子なので、いずれ両親の会社を継がないといけない時がくるでしょう。もちろん自信はないですが、勉強はしていかないといけないと思うのです。

だから早くはないので、これから両親の会社に入社しようと思います。

興味がある仕事をしたいです

PR|相続放棄のお手続き方法|

私はずっと思っていました。子供の時から雑貨に興味があったので、できる事なら雑貨関係の仕事をしたいのです。でも自分の考えで仕事をしたいので、就職はしません。自分の会社を経営しようと思ったのです。全部自分の思い通りにできます。好きな事が、仕事になるのです。そんな素敵な事はありません。

私は自分で海外に行って、好きなものだけを私の会社で売りたいと思ったのです。経営者になったら、それが簡単にできるのです。とても素晴らしい事です。

経営の事はまだまだ初心者です。でもこれから少しずつ覚えていけばいいのです。幸い私の身近には、賢い人たちがいます。みんなに手伝ってもらって、頑張っていけばいいんじゃないかなと思えるようになったのです。

ずっと好きな仕事をしていたいので、自分の会社を作るつもりにもなったのです。まさかこの私が経営者になるなんて、想像もしていませんでした。でも今の私ならできるかもしれません。そんな自信が出てきたのです。

会社経営では数字に強いことが重要です

PR|群馬で遺産相続を相談するなら|

会社経営と言うのを感覚的に行っている経営者も少なくありません。

小さな会社の場合、会計に関してもどんぶり勘定だったりすることもあります。

そもそも経営者が会計上の数字がよくわからないというケースもあります。

これは良いことではありません。

経営者は客観的な数字を重視することが重要だからです。

もちろん、感覚的な判断が必要なケースも多々ありますが、それも十分に数字を理解した上での判断でないと取り返しのつかない致命的なミスを起こしてしまうことになりかねません。

少なくとも、貸借対照表や損益計算書ぐらいはしっかりと理解できるようでないと経営者は務まりません。

意外にこれが出来ていない経営者がいますので、今からでも遅くはないので、会計の知識は持っておくようにしましょう。

少し大きな本屋に行けば、初心者向けの会計の本はたくさん並んでいます。

そうしたものから、わかりやすそうなものを選んで2、3冊読めば知識を得ることができるはずです。

いつかきっと会社を経営したいです

PR|相続トラブル解決いたします|

ずっと考えていました。いつでもいいのです。いつかきっと、私の会社を経営したいと思ってます。それは私の思いでもあり、両親の思いでもあるのです。

両親は昔会社を経営していました。でも経営悪化で、倒産させてしまったのです。その事をずっと両親は後悔していました。特に父は、その後飲んだくれて見ていられませんでした。今でこそ、やっと立ち直ってきましたが昔はひどかったです。

だからその父のためにも、母のためにも私は会社の経営をしたいのです。そして両親と一緒に働ける日を期待しているのです。今父は知り合いの会社を手伝っています。母は、近所のスーパーでパートをしています。ばらばらの状態なのです。だから私は今お金を貯めています。そして経営の勉強もしています。

なんとか近い将来、家族経営ができるようなそんな会社を作りたいと思っているのです。難しい事です。わかってはいるのです。でもこのまま両親を後悔させたままでは嫌なのです。何とか頑張って作ってみせたいです。